びわ湖長浜KANNON HOUSEサイト

2018年10月23日(火)~2019年1月14日(月祝)

高月町 保延寺観音堂 千手観音立像

HP保延寺

室町時代 木造 素地・一部彩色 彫眼 像高17.0cm

長浜市高月町保延寺 保延寺観音堂

保延寺観音堂の本尊千手観音は、像高わずか半尺(17cm)の小像である。頭上には簡素な化仏と十一面をいただき、本手(ほんしゅ)は胸の前で合掌。合掌手(がっしょうしゅ)の下には宝(ほう)鉢手(はつしゅ)、左右に戟(げき)を執る。さらに両脇に脇手を配す、通形の千手観音の姿を示している。ほぼ素地で仕上げ、目・眉・髪に黒色、唇には朱をさし、脇手には薄黄の彩色を施している。一見して地方仏的色彩が濃く、面長でやや角張った相好、目鼻の彫りは比較的浅くやや偏平的な印象がある。また長方形に近い体型、抑揚に欠ける肉体表現、各部の連絡がやや単調なこと、条帛(じょうはく)・腰裳等の衣文も簡素で形式的な堅い彫り口などに特色がある。湖北地方には近似した作風の像が多く見受けられ、この地方で活動した仏師による作と考えられる。その作風・表現などから制作時期は室町時代の頃かと推測される。当時、湖北の民衆の間では、こういった素朴で親しみのもてる土くさいホトケが好まれたのかもしれない。

 

今後の予定
安念寺 いも観音 1月16日~3月17日(予定)

 

btnお知らせ一覧
TOPへ戻る
twitter facebook
開館時間
10:00〜18:00
(入場無料)
休館日
毎週月曜日
(月曜祝日の場合はその翌日)
年末年始
(12/29~1/3)
お問い合わせ先
電話番号
03-6806-0103
FAX
03-6806-0243
メールアドレス
info@nagahama-kannon-house.jp

Copyright © City of Nagahama. All rights reserved.