びわ湖長浜KANNON HOUSEサイト

2019年10月29日~

約2ヶ月を予定しております

高月町松尾 覚念寺(松尾観音堂・松尾寺) 十一面観音立像

HP松尾寺

室町~江戸時代 木造 古色 彫眼 像高103.4cm

長浜市高月町松尾 覚念寺(松尾観音堂・松尾寺)

『己高山縁起』によれば、最澄が己高山中で鶏足寺十一面観音の仏頭を拾い、体部を補作した余材で数多くの仏像を彫刻し、その一躯が松尾寺の十一面観音であるという。このため地域では、己高山仏教のシンボル・鶏足寺本尊十一面観音と同体であると、長く信仰されてきた。
本像は、スギとみられる材から彫り出し、体部は正中線で左右二材を寄せ、内刳りをほどこして三道下で割首とする。台座上に直立し、左手はひじを曲げ胸前で水瓶を執り、右手は垂下して掌を前に向け数珠を掛ける。木目の目立つスギ材の仏像は、湖北地方では稀有な存在。腰裳の折り返しを大きく盛り上げるボリューム感、面長で愁いを帯びたような表情など、湖北に伝わる中近世の観音像と趣を異にしている。あるいは、神木・霊木といった「いわれのある木」を用いて造られたのかもしれない。室町時代から江戸時代にかけての作と考えられる。

 

今後の予定
正妙寺 千手千足観音立像 2019年12月24日~(予定)

 

TOPへ戻る
twitter facebook
開館時間
10:00〜18:00
(入場無料)
休館日
毎週月曜日
(月曜祝日の場合はその翌日)
年末年始
(12/29~1/3)
お問い合わせ先
電話番号
03-6806-0103
FAX
03-6806-0243
メールアドレス
info@nagahama-kannon-house.jp

Copyright © City of Nagahama. All rights reserved.