びわ湖長浜KANNON HOUSEサイト

2018年6月26日~8月26日

高月町落川 浄光寺 十一面観音立像

HP用

室町時代 木造 彩色 彫眼 像高95.7cm

長浜市高月町落川 浄光寺蔵

         阿弥陀如来立像                           薬師如来立像

室町時代 木造 素地・一部彩色 彫眼 像高45.0cm         室町時代 木造 素地・一部彩色 彫眼 像高64.0cm

 

 

本尊十一面観音は、頭上に化仏と十一面をいただき、左手は屈臂して胸前にて水瓶を執り、右手は垂下して掌を前に向け全指をのべ与願印をあらわす。彩色は白土下地の上に肉身部は肌色を塗り、眉・目・髭を墨で書き入れ、唇には朱をさす。衣部は極彩色にあらわし、各種文様で飾る。頭上の十一面もこれに倣ってそれぞれ彩色を施す。

3躯とも地方仏的色彩が濃く、多くの共通性がある。まず相好は面長でやや四角張り、目鼻の彫りは比較的浅くやや偏平的な印象がある。またいかっている肩、長方形に近い胴長短足の体型、抑揚に欠ける肉体表現、各部の連絡がやや単調であることなど、その表現に共通点は多い。同一の仏師かあるいは同系統の仏師(湖北地方で活動した仏師か)による同時期頃の作と考えられ、その構造・技法・表現などから制作時期は室町時代の頃かと推測される。

今後の予定
宝厳寺 8月28日~
保延寺 10月23日~

 

TOPへ戻る
twitter facebook
開館時間
10:00〜18:00
(入場無料)
休館日
毎週月曜日
(月曜祝日の場合はその翌日)
年末年始
(12/29~1/3)
お問い合わせ先
電話番号
03-6806-0103
FAX
03-6806-0243
メールアドレス
info@nagahama-kannon-house.jp

Copyright © City of Nagahama. All rights reserved.